belle's life

東日本大震災津波被災地への支援活動3日目(3/21)

連休の最終日、21日(月)は岩泉経由で沿岸地域の支援に行ってきました。
岩泉町の役場は、かなり内陸なので落ち着いた雰囲気
詳しい情報は、小本に行かなければ分からない様子でした。
d0156438_2059276.jpg


小本に着くと、かなりの被害状況
d0156438_210585.jpg


この巨大な水門を津波は軽々と乗り越えていったようです
いったい何メートルだったんだろう・・・・・
d0156438_2112883.jpg

フェンスもこのとおりぐにゃぐにゃ
d0156438_2115760.jpg

重機も津波に運ばれ川の中に
d0156438_2124484.jpg


被害は甚大ですが、物資の供給状況は比較的良いようで役場の方も「私達より田老の支援を」と言っていました。

続いて、田野畑方面へ
島越へ
かなり山側でも津波が登っていました
d0156438_2143711.jpg

入り江になっているので、津波の力が倍増したのでしょうか。鉄骨も曲がっています。
d0156438_2154759.jpg

d0156438_2161129.jpg
d0156438_2165417.jpg


三陸鉄道がここでも千切れています
d0156438_2173619.jpg

d0156438_2175725.jpg


昼過ぎからは南下し、田老へ
たくさんの被災者がいるというグリーンピア田老
たくさんの方が避難されているということで、管理されている方も大変そうでした。
物資も平等に分けなければならないため、供給が追い付いていない状況でした。
d0156438_21102285.jpg


「がんばっぺぇ~す宮古!」の横断幕が印象的でした。

田老の街も壊滅状態
d0156438_21124168.jpg

建設には45年を要して完成させた町自慢の防波堤があったのに・・・・・
長さは2600メートル、高さ10メートルの防波堤でも防ぎきれなかった今回の津波
”防災の町”と言われていた田老でさえも被害を受けるとは本当に恐ろしい話
津波を防ぐ手立てはないのだろうか

瓦礫の中から回収されてきた金庫は役場に保管されるそうです。
d0156438_2117712.jpg

窃盗団の被害も出ているようで、悲しいけれどこんな時にも悪人っているのだなぁ

美しい宮古田老の街はいつになったら見れるのだろうか・・・・・
d0156438_21182694.jpg

いや、きっと見れるはずです。

内側の堤防
d0156438_2119371.jpg

外側の堤防
d0156438_21193177.jpg

二重の防波堤を築き、緩衝地帯もこんなに広くとっていたのになぜ?
無念でなりません。

宮古市磯鶏
d0156438_21231025.jpg
d0156438_212332100.jpg
d0156438_21235890.jpg

宮古の中心街へ
d0156438_21245153.jpg
d0156438_2125787.jpg


どこの街を見ても、悲しい気持ちでいっぱい

こんな気持ちにさせられたのは、生まれてこのかたありません

復興のために、自分に何ができるのか
もう一度よく考える必要がある

現地に行くのは、今日で一旦休止しますが盛岡から自分にできること

良く考えて行動しよう

震災により、twitterで見つけた下記のような話
日本人は強く逞しい
きっと今回の震災も乗り越えれるはず


∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵

* ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさん貰ってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった。

* 外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。

* 国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」

* 一回の青信号で1台しか前に進めない中、譲り合い穏やかに運転している姿に感動。交通が5分以上完全マヒするシーンもあったが、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。日本が益々好きになった。

* 昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。心温まった。東京も捨てたもんじゃないな。

* 韓国人の友達からさっききたメール。(日本語訳後)「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」ちなみに僕いま泣いてる。

* ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。

* サントリーの自販機無料化softbankWi-Fiスポット解放、色んな人達が全力で頑張っててそれに海外が感動・協力してる。海外からの援助受け入れに躊躇したり自衛隊派遣を遅らせたりしてた阪神淡路大震災の頃より日本は確実に強い国になってるんだ。みんな頑張ろう。

* 終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、笑顔で、こんな時ですから!だって。捨てたもんじゃないね、感動した。

* 都心から4時間かけて歩いて思った。歩道は溢れんばかりの人だったが、皆整然と黙々と歩いていた。コンビニはじめ各店舗も淡々と仕事していた。ネットのインフラは揺れに耐え抜き、各地では帰宅困難者受け入れ施設が開設され、鉄道も復旧して終夜運転するという。凄い国だよ。GDP何位とか関係ない。

* 日本全国の皆さん。やさしさを失わないで下さい。弱い人をいたわり、互いに助け合い、許そうとする気持ち失わないで下さい。あなたが不安な時、きっと周りの人も不安なはずです。これが私達の願いです。私達も同じ気持ちで頑張ります。

* 2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。「地震を逮捕しに行く!」とのこと。小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。

* 4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持って、自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は感動して泣けてきた。

* "今日被災者に電話インタビューした。家を無くした40代の女性が言った。「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。私達も一日も早く皆さんに追いつきます」俺は涙をこらえ笑顔でエールを送った"

* 信号で止まったときに幼稚園バスから手を振られた「頑張ってー!」と声援ももらった。泣きそうになった。隣に座ってる班長は泣いてた。(自衛隊員のツイート)

* 気仙沼周辺で配送作業中に津波にのまれたらしいと、夫の上司から知らされた。子供が眠ったのを見計らい、遺体安置所に向かった。目の前のひつぎの中で眠っているのは、間違いなく夫だった。涙があふれ出た。遺体に何か着せてやろうと、倒壊を免れた自宅に戻り、会社から引き取った夫の荷物にふと目がいった。指輪が入っていた。以前、「たまには指輪とか欲しいけど、パパはプレゼントくれる人じゃないもんね」と、意地悪を言ったのを思い出した。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。夫の顔についた泥をぬぐい、優しくキスをした。

* 亡くなった母が言っていた言葉を思い出す「人は奪い合えば足りないが分け合うと余る」被災者で実践されていたこの国の東北関東地震被災者の方々を日本を誇りに思います、頑張ってください。

* 来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。「警察が電気足りないから電気(灯り)消せって」「私たちは御国のために電気消して過ごすのは慣れてるのよ。今回は頭の上に爆弾降って来るわけじゃないんだもの、喜んで消すわよね」周囲の人々一瞬しん・・・となる。涙が出そうになった。

* 父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。

* 停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、原発で事故が起こると、それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。俺らが室内で「マダカナー」とか言っている間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる

* 旦那さんが自衛官の友人より。以前息子さんが「パパは戦争がお仕事?」と涙ながら聞いてきた事があったそうだ。誰かの心ない言葉に傷付いたんだろう。今、息子さんは毎日TV画面に向かい「パパ頑張れ、パパのお友だち頑張れ!」と叫んでるって。「僕も自衛隊になる!」って。…通勤中に号泣。

* バイト中に地震があってほぼ満席の状態からお客さんに外に避難してもらいました。食い逃げ半端ないだろうな、と思っていたがほとんどのお客さんが戻ってきて会計してくれました。ほんの少しの戻られなかったお客さんは今日わざわざ店に足を運んでくださいました。日本ていい国。

* NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった。

* 子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

* 鹿児島でひとり暮らす母に電話。声を聞かせて安心させるつもりが、逆に叱咤激励されてしまった。母曰く「あなたが今その年齢で其処に立っていることの意味を真剣に考えなさい。自分にできるやり方で世のため人のために尽くしなさい」と。僕はあなたの子であることを誇りに思います。明日も生きるぜ。

* ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。彼らはタフだ。肉体も、精神も。

* さっき、友達の薬局に高校生くらいの若い男の子がトイレットペーパーを返品しに来たとのこと。聞いたら、「親が昨日2つも買ってきて、みっともないと思って返しにきた」んだって。いまどきの高校生の口からみっともないって言葉がでてきたのでびっくりしたって言ってた。日本の未来は明るいね。

* 募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。母「貯めてたのに本当にいいの?」子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5000円を寄付。母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」男の子思わず号泣。後ろにいた私、大号泣

* 避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってた。大丈夫、未来あるよ。


涙が止まりません


↓ belleの実家です。ぜひ見に行ってみてください
栃木 那須 ラブラドール専門犬舎MapleWood
↓ ランキング参加中です
 ご覧頂けた方は毎日クリックして頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




by p-belle | 2011-03-23 20:56 | 毎日の生活

黒ラブbelleと毎日の生活
by p-belle
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新の記事

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧